< ホームへ戻る

Windows 10のメンテナンス方法

Windowsを何ヶ月も使用していると次第にファイルのゴミが溜まってきて、動作が遅くなってしまう事があります。
年に1回程度は、メンテナンスを行いましょう。

2016年4月3日 更新

不要ファイルを削除&ファイルを整理

まずは、とにかく自分で判る範囲の不要なファイルは削除しましょう。不要なプログラムはアンインストールしましょう。
必要なファイルはフォルダごとに収納したり、光学メディアに移すなど、整理をしましょう。
当然基本なのですが、ファイルを整理しておくと後述のエラーチェックやデフラグの効果を高める事になるので、しっかりやりましょう。

ドライブのエラーチェック

固定ディスク(ハードディスク・SSD)やUSBメモリの記憶領域には、稀に故障している箇所がある場合があります。
エラーチェックを行うことで故障箇所を調べて、使用しないように修正する事が出来ます。

(ハードディスク・SSDのみ。光学ドライブ(CD・DVD・Blu-rayドライブ)は行う必要はありません。
USBメモリやSDカードは、エラーチェックを行うとより効果的です。)
  1. 「スタート」ボタン → 「エクスプローラ」をクリック。
  2. w10mente000
  3. 「PC」を選択する。
  4. w10mente001
  5. エラーチェックを行うドライブを「右クリック」→「プロパティ」を選択する。
  6. w10mente002
  7. 「ツール」タブを選択し、「チェック」を選択する。
  8. w10mente003
  9. 「このドライブをスキャンする必要はありません」と出るが、念の為「ドライブのスキャン」を選択する。
  10. w10mente004
    ドライブのサイズによっては、チェックに時間が掛かる場合があります。
  11. 同様に、他のドライブもエラーチェックを行う。

固定ディスク(ハードディスク・SSD)のクリーンアップ

Windowsには固定ディスク(ハードディスク・SSD)のゴミファイルを削除する機能が備わっています。

システム全体のゴミと、ドライブごとのゴミがあります。
システム全体のゴミは1回だけ削除すれば良いです。
ドライブごとのゴミは、ドライブごとに削除を行います。
  1. 「スタート」ボタン → 「エクスプローラ」をクリック。
  2. w10mente000
  3. 「PC」を選択する。
  4. w10mente001
  5. クリーンアップを行うドライブを「右クリック」→「プロパティ」を選択する。
  6. w10mente002
  7. 「ディスクのクリーンアップ」を選択する。
  8. w10mente005

    まずはシステム全体のゴミを削除します。
    1回削除すれば良いです。繰り返し行う必要はありません。
  9. 「システムファイルのクリーンアップ」を選択する。
  10. w10mente006
  11. 「削除するファイル」の全ての項目にチェックを入れて、「OK」を選択する。
  12. w10mente007
  13. 「ファイルの削除」を選択する。
  14. w10mente008

    次はドライブごとのゴミを削除します。
    各ドライブで行いましょう。
    (ハードディスク・SSDのみ。光学ドライブ(CD・DVD・Blu-rayドライブ)は行う必要はありません。
    USBメモリやSDカードは、削除を行うとより効果的です。)
  15. 「ディスクのクリーンアップ」を選択する。
  16. w10mente005
  17. 「削除するファイル」の全ての項目にチェックを入れて、「OK」を選択する。
  18. w10mente009
  19. 「ファイルの削除」を選択する。
  20. w10mente008
  21. 同様に、他のドライブもクリーンアップを行う。

Edge(エッジ)のクリーンアップ

Windows 10からは、インターネットブラウザはIE(Internet Explorer)でなく、Edge に変更になりました。
Edge にもゴミファイルを削除する機能が備わっています。

  1. クイック起動メニューから Edge を開く。
  2. w10mente010
  3. 右上の「…」アイコンを選択し、「設定」を選択する。
  4. w10mente011
  5. 「クリアするデータの選択」を選択する。
  6. w10mente012
  7. 「クッキー・・・」と「パスワード・・・」以外の全てにチェックを入れて、「クリア」を選択する。
  8. w10mente013

ハードディスクのデフラグ

ファイルの断片化(フラグメンテーション)を解消するデフラグを行います。
デフラグを行う事でファイルの配置が効率化され、読み出し速度が向上し、空き容量が増します。

ドライブがSSDやUSBメモリの場合は、デフラグの効果は少ないので行う必要はありません。
  1. 「スタート」ボタン → 「エクスプローラ」をクリック。
  2. w10mente000
  3. 「PC」を選択する。
  4. w10mente001
  5. デフラグを行うドライブを「右クリック」→「プロパティ」を選択する。
  6. w10mente002
  7. 「ツール」タブを選択し、「最適化」を選択する。
  8. w10mente014

    デフラグを毎週行う必要は無いので、ここではスケジュールを解除します。
  9. 「設定の変更」を選択する。
  10. w10mente015
  11. 「スケジュールに従って実行する」のチェックを外して、「OK」を選択する。
  12. w10mente016
  13. デフラグを行うドライブを選択して、「最適化」を選択する。
  14. w10mente017
    ドライブのサイズによっては、デフラグに時間が掛かる場合があります。(数分〜数十時間)
  15. 同様に、他のドライブもデフラグを行う。

こちらのお買い物検索サイトもぜひご利用下さいね。
(お買い物の1%が運営費になりますので、ご協力をお願い致します。)
かんたん商品価格調査