< ホームへ戻る

マルチエミュレータシステム『RetroArch』

マルチエミュレータシステム『RetroArch』の解説です。

2017年9月19日 更新

マルチエミュレータシステム『RetroArch』とは

マルチエミュレータシステム『RetroArch』は、様々な機種用のエミュレータを、
画面・音声・入力などを統一化し、OS・ハード非依存にするためのシステムです。

ユーザーにとって最もうれしいのは、ジョイパッドを一度設定してしまえば、
複数のエミュで統一して使えるという点でしょう。
また、UIも統一されるので、どのエミュでも同じ操作感で操作が出来ます。

開発者にとっては、面倒なハード制御や画面・音声処理を、
一手におまかせに出来るので、開発の敷居を下げてくれます。
また、「1つコアを作ればマルチハード対応」
という素敵な展開を実現出来ます。

retro038

マルチエミュレータシステム『RetroArch』のインストール

  1. インストール
    RetroArch のページを開き、
    「DOWNLOAD」をクリック。
    retro000.png
  2. 「Installer」をクリック。
    retro001.png
  3. インストーラがダウンロードされる。
    retro002.png
  4. インストーラをダブルクリックして開き、インストールする。
    retro003.png retro004.png
  5. DirectX エンド ユーザー ランタイム Web インストーラを開くと、DirectXランタイムがダウンロードされる。
    retro008.png
  6. DirectXランタイムインストーラをダブルクリックして開き、インストールする。
    retro009.png

RetroArchの日本語化

  1. RetroArchのアイコンをダブルクリックして起動する。
    retro005.png
    retro010.png
  2. まずは、言語を日本語に設定する。カーソルキーとEnterキーとBackSpaceキーで操作する。
    左から2番めの列の「User」を選択する。
    retro011.png
  3. 「Language(言語)」を「日本語」に設定する。
    retro012.png

    retro013.png

RetroArchのジョイパッド設定

  1. 次に、パッドのボタンを割り当てる。左から2番めの列の「入力」を選択する。
    retro014.png
  2. 「入力ユーザー1のバインド」を選択する。
    retro015.png
  3. 「ユーザー1 〜ボタン」を選択し、パッドのボタンを押して割り当てる。
    retro016.png
    パッド配置は、以下のものを想定している。選択ボタン=セレクトボタン。
    (設定次第でアナログスティックも利用可)
    414NGQWRAKL.png
パッド配置の設定が終わると、RetroArchをパッドで操作できる。
上下左右ボタン、Aボタンで決定、Bボタンでキャンセル。

コアのダウンロード

  1. エミュレータコアをダウンロードする。左1番めの列の「コアをロード」を選択する。
    retro018.png
  2. 「コアをダウンロード」を選択する。
    retro019.png
  3. ダウンロードするコアを選択する。(例:Nestopia)
    retro020.png

エミュレータの起動

  1. コアとコンテンツを選択して、エミュレータを起動する。左1番めの列の「コアをロード」を選択する。
    retro018.png
  2. 使用するコアを選択する。
    retro021.png
  3. コアが選択された。
    retro022.png
  4. 「コンテンツをロード」を選択する。
    retro023.png
  5. コンテンツのあるパスを指定し、コンテンツを選択する。
    retro024.png
  6. エミュレータが起動する。
    retro025.png

F1キーを押すことで、エミュレータの各種設定を行うことが出来る。
ESCキーを押すことで、エミュレータが終了する。
一度選択したコアとコンテンツの組み合わせは、メインメニューの左から4番めの履歴に格納され、
次回から素早く選択することが出来る。

PC-98エミュレータ NP2kai の導入

拙作 NP2kai をRetroArchに導入する。
  1. コアをダウンロードする。np2kai_libretro.dll.zipを選択する。
    retro026.png
    ダウンロードが終わったら、ESCキーで一旦RetroArchを終了する。
  2. エクスプローラで、
    C:¥ユーザー¥(ユーザー名)¥AppData¥Roaming¥RetroArch¥system を開き、
    「np2」「np2kai」フォルダを作成する。
    retro033.png
  3. 作成した「np2」「np2kai」フォルダ内に、BIOSファイルを格納する。
    retro034.png
  4. RetroArchを起動して、コアとコンテンツを選択して、NP2kaiを起動する。
    起動してすぐF1キーを押し、「オプション」を選択する。
    PC-98の設定を行う。
    「CPU Clock Multiplier」を「30」、
    「RAM Size」を「16」、
    程度に設定する。
    retro035.png
  5. キャンセルボタンで戻り、「コンテンツを再起動」→「再開」を選択する。
    retro036.png
  6. エミュレータが起動する。
    retro037.png

NP2kaiは、PC-98のゲームを、なるべくパッドで操作できるよう、設定項目がある。

参考